ジャニちゃん

ジャニーズの最新情報を発信します。

    身辺警護人

    DTqOHi3VQAQy0Um

    【キムタクに身辺警護人してもらいたいヤツ・・・ちょっと来いwww【今でしょ講座】】の続きを読む

    69e21815ddbc0e9cdf9c1f2197604dd7


    1: 2018/01/04(木) 17:33:10.21 ID:CAP_USER9.net
     元SMAPの木村拓哉(45)が主演を務めるテレビ朝日系「BG~身辺警護人~」が1月にスタートする。
    SMAPの解散以降、何だか影が薄いキムタクだが、その影響は共演者のキャスティングにも及んでいるようだ。

    木村が臨む同ドラマは、拳銃を持たずに丸腰で危険に立ち向かう民間警備会社の身辺警護人の活躍を描いた
    作品だ。共演者の顔ぶれを見ると、江口洋介に斎藤工、上川隆也、菜々緒、さらに最近ブレーク中の石田ゆり子と
    主役級が顔をそろえている。

     そうした中、テレビ局関係者はこう明かす。

     「実は今作のヒロインとして当初は長澤まさみや広瀬すずの名前も挙がっていたんです。ただ、単発出演ならまだしも、
    一定期間拘束される連続ドラマはスケジュール的に厳しいということで、断られたという話です」 
     こうした影響もあってか、同ドラマのヒロインについては複数の女優による1話限定でのスポット出演も
    噂されている。確かに、見る側としては毎回違う美女が登場するほうがうれしいが…。


    詳しくは
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180104-00000010-ykf-ent

    【キムタクのブランド力にも限界か??今季ドラマのヒロイン選びに難航か・・・】の続きを読む

    img_dcfdb6de35068093ffbe2aa24e083926236367


    1: 2017/12/12(火) 00:12:47.67 ID:CAP_USER9.net
    木村拓哉(45)が10日、SMAP解散後では初めて、CMに出演することがわかった。キムタクが登場するのは、コミュニケーションアプリ「LINE」のお年玉CMで、年明けから放送されるという。
    木村は現在タマホームとデサントとも契約を結んでいるため、これで3社目。SMAP解散騒動では「裏切り者」などと批判を浴びたが、
    同時期にドラマ『BG~身辺警護人~(仮)』(テレビ朝日系)もスタートするとあって、いよいよソロ活動も本格始動かとファンも期待している。


    「ジャニーズ上層部は、稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の元SMAP3人がTwitterやYouTube、AbemaTVに取り組み、
    Webメディアを駆使したブランディングに成功していることに相当あせりを感じ、あわててIT企業のCMを取ってきたようです。
    LINEはブログ分野でAmebaとはライバル関係にあり、CM起用にはそんな背景も隠されている。 

    しかしその”LINEのお年玉CM"枠は昨年、ベッキー(33)が不倫謹慎明けに出演したいわく付きのCMで、いわば話題先行のイロモノ枠。新年の初仕事としてはイメージがいいわけではない。 
    木村のCM起用が、世間から「未読」や「既読スルー」扱いになってしまうのか、推移を見守りたい。

    詳しくは

    【『ジジイの冷や水感』木村拓哉、SMAP解散後の初CM決定するもベッキー扱いにwww】の続きを読む

    xin_180303081745837869565

    1: 2017/11/08(水) 21:20:54.21 ID:CAP_USER9.net
    木村拓哉が来年1月から放送される連続ドラマ『BG~身辺警護人~』(仮題=テレビ朝日系)で主演を務め、警護依頼者を守るボディーガードの役に挑むという。 

    「よくセキュリティーポリス(SP)とボディーガードは混同されますが、SPは警察官で、民間の警護人のことを指します。SPは拳銃の携行も許され、政府の要人などの護衛に就くことが多いです。

    ボディーガードは体を張って依頼者を守るのが仕事だ。体力があり、柔剣道あるいは格闘技などの経験がないと厳しいだろう。なにを警備するかにもよるが、特に人を守るガードマンはがっちりとした体型や、大柄な体型が多い。

    共演に江口洋介(185cm)、斎藤工(184cm)、菜々緒(172cm)を起用しているが身長の公開処刑にならないか心配だ

    詳しくは

    【木村拓哉が新ドラマで「公開処刑」か??共演者のアレがヤバすぎる。。。】の続きを読む

    このページのトップヘ