ジャニちゃん

ジャニーズの最新情報を発信します。

    貴族探偵

    • カテゴリ:
    IMG_1825

    1: 2017/06/27(火) 09:11:03.84 ID:CAP_USER9.net
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めたフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の
    最終回(第11話)が26日に15分拡大で放送され、平均視聴率は
    9・8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった
    ことが27日、分かった。

     初回は“月9”としては昨年7月期「好きな人がいること」(10・1%)以来3クールぶりの
    2桁スタートとなる11・8%。第2話=8・3%、第3話=9・1%、第4話=8・9%、
    第5話=8・0%、第6話=7・5%、第7話=7・8%、第8話=7・0%、第9話=8・4%、
    第10話=8・0%と推移。
    初回以来の2桁復帰はならなかった。

     1987年4月からドラマ枠になり、数々の名作・ヒット作を生んだ“月9”の30周年を飾る作品。
    原作は、日本推理作家協会賞と本格ミステリ大賞をダブル受賞した2011年の「隻眼の少女」など、
    推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・ 麻耶雄嵩氏(48)の「貴族探偵」
    「貴族探偵対女探偵」(集英社文庫)。己を「貴族」と名乗り、年齢も家族も住所も本名も
    不明という異色の探偵(相葉)が召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性との会話を楽しみ、
    遊びに興じながら優雅に事件を解決に導く姿を描いた。

    詳しくは
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170627-00000078-spnannex-ent

    【相葉主演「貴族探偵」最終回9・8% 一話一億かけても2桁復帰ならず・・・】の続きを読む

    • カテゴリ:
    st_main_01-e1496730490340



    1: 2017/06/13(火) 09:17:59.80 ID:CAP_USER9.net
     嵐の相葉雅紀(34)が主演を務めるフジテレビ“月9”「貴族探偵」(月曜後9・00)の第9話が12日に放送され、平均視聴率は8・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが13日、分かった。

     2桁復帰はならず、苦戦は続いているが、前週第8話の7・0%から1・4ポイント上昇。第9話は“映像化不可能”の呼び声が高い原作の一編「こうもり」を扱ったが、SNS上には原作ファンから「神改変」などと好評の声が相次いだ。

     第9話は、切子(井川遥)の死の真相と貴族探偵(相葉)の関わりを調べる愛香(武井咲)は、鼻形(生瀬勝久)と一緒に、切子が事故死したとされる渓谷を訪れる。当時の資料を手に入れようと近くの喫茶店を訪れた2人は、店内で作家・大杉(小市慢太郎)の姿を見掛ける。その中、鼻形の携帯電話が鳴り、貴族探偵の執事・山本(松重豊)から、キャンプ場にいる貴族探偵の愛犬が女性の他殺体を発見したと知らせが入る…という展開だった。

    詳しくは
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/13/kiji/20170613s00041000088000c.html

    【嵐・相葉主演「貴族探偵」第9話は「こうもり」映像化好評「神改変」と話題!視聴率も8.4%と上昇!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    kizokutantei-3



    1: 2017/06/11(日) 17:15:35.91 ID:CAP_USER9.net
     仮面ライダーW」などで知られる俳優の桐山漣(32)が11年ぶりにフジテレビ“月9”ドラマに出演することが11日、分かった。嵐の相葉雅紀(34)が主演を務める「貴族探偵」(月曜後9・00)第10話(19日放送)と最終回(26日放送)へのゲスト出演が決定。ドラマデビューを果たした「のだめカンタービレ」(2006年10月クール)以来2度目の“月9”登場に「初めてのドラマが月9で、10年以上経って帰ってきたと考えると、なかなか感慨深いです」と喜び。豪華ゲストが名を連ねてきた「貴族探偵」だが、最後のメインゲストとして“月9凱旋”を飾る。

     1987年4月からドラマ枠になった“月9”の30周年を飾る作品。原作は、2011年に「隻眼の少女」で日本推理作家協会賞に輝くなど、推理小説の常識を覆す作品を世に送り続けている俊才・麻耶雄嵩氏の「貴族探偵」「貴族探偵対女探偵」。召使いに推理を任せ、自分は事件関係者の女性との会話を楽しみ、遊びに興じるという異色の探偵(相葉)を描く。

    桐山は“月9凱旋”に「正直、お話を頂いた時は本作が初の月9だと思っていたのですが…『のだめカンタービレ』を含むと2度目の月9出演。恥ずかしい話ですが、撮影当時はセリフは一言なのに、人生初のドラマということで緊張してしまい、怒られて帰った記憶があります。初めてのドラマが月9で、10年以上経って帰ってきたと考えると、なかなか感慨深いです」と11年前を回顧。「毎話、ゲストの方が演じる登場人物の人間性まできちんと描かれていますし、錚々(そうそう)たるゲスト勢が出られていると横目で気になっていました。最後の2話に出演とのことで、うれしさもあり、身の引き締まる思いでした」とオファーの心境を明かした。

     役柄については「具同弘基は財力や地位でモノを言わす、なかなかの悪いヤツで、演じる側としてはとても刺激的で楽しいです。具同家を取り巻く登場人物の絶対的なボスである、というようなところを意識しながら演じています。まだ半分も撮れてはいませんが、威厳のある、そして説得力のある役に仕上げていきたく思っています。楽しみにしていてください」と意気込んでいる。

    20170610s00041000432000p_view


     「のだめ」から11年。数々の話題作に出演してきた桐山の成長した姿が注目される。

    詳しくは 
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/06/11/kiji/20170610s00041000427000c.html

    【「貴族探偵」最後のメインゲストは桐山漣に決定!「のだめ」以来11年ぶり月9出演!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    dwfwef


    1: 2017/06/10(土) 13:44:23.98 ID:CAP_USER9.net
    相葉雅紀が「週刊ザテレビジョン」の表紙&グラビアページに登場。“夏休みがあったら行きたいところ”について、
    妄想を展開した。

    主演ドラマ「貴族探偵」(フジ系)もいよいよ終盤。撮影現場はラストスパートへ向け、一丸となっている。「現場は
    ね、とにかく必死ですね(笑)。みんなで必死にやってますよ。そんな中での癒やしはやっぱり差し入れかな。この
    間はスタジオにホームベーカリーがやって来て、パンを焼きました(笑)


    貴族(相葉)の謎に、探偵・愛香(武井咲)が徐々に迫っていく展開。愛香の推理によって、探偵の鋭さも見え隠れ
    するが、「そういう細かい伏線の回収がこれからどんどん出てくると思います。 

    「貴族探偵」の盛り上がりとともに夏も本番へ。クランクアップしたら相葉にも夏休みはある? 「貴族の夏休みを
    1回体験してみたいけどねー。って、貴族の夏休みってどうなんだろうね。ヨットでクルージング? 乗馬とか?(笑
    )」
    。もし夏休みがあったら行ってみたいのは…。「ハワイもいいし、国内でもちょっと遠出できたら、それだけで気
    分転換になるよね。いやいや、神宮球場(明治神宮野球場)でも、十分に夏を味わえるな! 野球好きとしては、
    冷たいビール片手に観戦できる、最高のシーズン到来ですよ!!


    詳しくは
    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170610-00000031-the_tv-ent

    【相葉雅紀、夏休みは貴族の夏休み??それとも「冷たいビール片手に」野球観戦??】の続きを読む

    • カテゴリ:
    C6DOtICU0AElyA1


    1: 2017/06/08(木) 21:33:15.10 ID:CAP_USER9.net
    フジテレビ・亀山千広社長(60)が「社運を賭ける」と宣言した月9ドラマ30周年記念作品『貴族探偵』(フジテレビ系)が、いよいよ終盤に差しかかっている

     翌日発表された平均視聴率は7.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、第6話で記録した最低視聴率7.5%からさらに0.5ポイント下降し、最低視聴率を更新した。一向に上向く気配がない『貴族探偵』だが、気になるのは主人公の貴族探偵を演じる嵐・相葉雅紀(34)がいつまで経っても活躍しないこと。視聴者からはそんな疑問が沸いている。

    ■最低更新を続ける『貴族探偵』はさらに下降か?

     視聴者の声は「今期ドラマで一番つまらない」「茶番コントに入り込めない」など非難だらけ。せっかく嵐の相葉が主演しているにも関わらず、視聴者の心には響いていない。

    「コメディ調の推理モノという時点で、俳優陣には高い力量が求められてしまう。そうした作品の中で貴族然として淡々と振る舞う相葉の役柄が難しいのは事実。対照的に、同じような設定だった『IQ246』(TBS系)の織田裕二(49)の演技は、”怪演”と言われながらも妙な迫力と威厳を持っていた。相葉の演技には酷評が出ているが、正確には”ミスキャスト”だったと言えるでしょう」(週刊誌記者)

     最近では、『貴族探偵』低迷の責任を感じてか、レギュラー番組で憔悴しきった表情を見せている相葉。『貴族探偵』以外のレギュラー番組にも出演する多忙な毎日で、ジャニーズ事務所の屋台骨を支える一人として重圧のある大舞台をこなしてきた。しかし、本人の魅力の消してしまうような仕事の”ミスキャスト”は終わりにしてほしいものだ

    詳しくは
    http://dailynewsonline.jp/article/1319785/

    【『貴族探偵』貴族役に相葉雅紀はミスキャスト?同情の声も・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ