ジャニちゃん

ジャニーズの最新情報を発信します。

    忍びの国

    maxresdefault (3)


    1: 2017/12/12(火) 20:30:46.18 ID:CAP_USER9.net
    嵐・大野智(37)主演、Hey!Say!JUMP知念侑李出演の映画『忍びの国』がまだまだ熱い。今年7月1日に封切られ、公開2日間で動員40万4500人、興収4億8500万円という結果を残した同作。2017年を代表するヒット作といっても過言ではないほどの盛り上がりを見せた。

     実は現在も「応援上映」という形で全国で上映が続いており、まだまだその勢いは止まらないよう。「応援上映」とは、映画の上映中に声援を送ることや、アフレコができる新しい映画鑑賞のスタイル。

    『忍びの国』も公開からしばらく経つが、ファンからの後押しもあり応援上映が決まったよう。しかし、大洋映画劇場での上映では一部のファンが下品な言葉を発したり、鑑賞を妨げるほど大声で叫んでいたというのだ。
    耐え切れず劇場から出てしまった、という人まで見受けられた。

     また、劇場内には「智ソロ希望 智ソロコン 智ソロアルバム」と書かれた自作の衣装を着て応援上映に参加したファンが4名ほどいたようで、これも物議を醸すことに。「わざわざこんなの作って恥ずかしい……」「これが大野担だと思われると迷惑」など、同じ嵐のファンから批判を集めている。
    でいる。
    『忍びの国』の応援上映は年をまたぎ来年1月にも行われる予定。「自分だけが楽しい」ではなく、劇場にいる人が一緒に楽しめる空間になることを願うばかりだ。


    詳しくは
    https://netallica.yahoo.co.jp/news/20171212-00036087-dailynewsq

    【嵐・大野智『忍びの国』応援上映でまたジャニオタがやらかすwwwwwwwww】の続きを読む

    29-680x311


    1: 2017/11/10(金) 06:50:57.96 ID:CAP_USER9.net
    「ジャニーズの目論見としては、各映画賞の総なめ。特に、キムタクか嵐の誰かに取らせたかったのですが、その目論見は見事に外れてしまいました」
    今年は例年にないほど、ジャニーズ事務所所属タレントの主演映画がたくさん公開された。


    木村が史上かつてないほどの大々的なプロモーションを行って、先陣を切った「無限の住人」が思わぬ不入り。
    続く、岡田の2作品、そして、大野の作品はそれなりにヒットしたが、松本、生田の作品がこれまた思わぬ不入り。二宮の作品も公開初週の興行ランキングがふるわなかったのだ。 

    「結局、稼いだ興収のランキングは大野の『忍びの国』、岡田の『関ヶ原』、『追憶』がトップ3で、大野は30億円ほど、岡田は2作で50億円ほど稼いだ。
    木村は10億円に届かず、ほかの3作品は10億円超えるかどうか微妙なところ。
    ジャニーズの幹部は、まさかこんな事態になるとは思いもしなかっただろう」
    賞レースに絡むのは勝ち組になった岡田と大野のみになりそうだ。


    詳しくは
    http://dailynewsonline.jp/article/1374263/

    【2017年のジャニーズ映画の勝者は・・・意外なあの人だった!!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    DDwjNqOVoAAuLXi


    1: 2017/07/18(火) 07:31:33.38 ID:CAP_USER9.net
    嵐の大野智(36)が17日、北海道・札幌シネマフロンティアで主演映画「忍びの国」(中村義洋監督)のヒット御礼舞台あいさつを行った。
    今年公開の実写邦画でオープニングNO1の成績を記録。1日の公開から興収14億円を突破。

    「櫻井(翔)くんも見てくれたみたい。仕事で会った瞬間、いきなり『面白かったよ~』って」と反響を喜んだ。

     公開翌日に行った舞台あいさつで、ヒット御礼で訪れる会場を抽選で決めた。北海道を希望していた大野は自ら札幌を引き当てた。日帰りという強行日程ながら、札幌ラーメンやジンギスカンを堪能。羊ケ丘展望台のクラーク博士像も“お忍び”で訪問。ライブなどで訪れた際には、なかなか観光はできなかったようで「非常に満喫しました」と大ヒットの“ご褒美”にご満悦の様子だった。
    詳しくは

    【嵐・大野智が札幌に忍ぶ????会ったヤツ居るか?】の続きを読む

    • カテゴリ:
    o0310019913928923737



    1: 2017/07/09(日) 12:09:51.84 ID:CAP_USER9.net
    嵐・大野智(35)主演、Hey!Say!JUMP知念侑李(23)出演の映画『忍びの国』が7月1日に封切られ、早速好調な滑り出しを見せている。

    同作は、『のぼうの城』(小学館)、『村上海賊の娘』(新潮社)などのヒット作を生み出してきた小説家・和田竜の同名小説を原作とした、“戦国エンターテインメント超大作”。
    大野にとっては2011年に公開された映画『映画 怪物くん』以来6年ぶりの主演映画となり、ファンも心待ちにしていた作品。

    また、「大野くんのアクションシーンがすばらしかった。ギャップのある演技にもやられました」
    「大野くんだからこそ、この主人公のキャラクターが魅力的に見えます」と、主演の大野を絶賛する映画ファンも多い。


    『忍びの国』公式Twitterでは、映画を見たあとも楽しめるよう、「#忍び活動録」というハッシュタグを使って撮影の裏話が明かされており、こちらもファンから好評。
    映画公開前から、現場の風景や撮影で使われた小道具の写真が多数掲載されファンの期待を高めていたが、

    「『#忍び活動録』を振り返ると、あのシーンはこうやって作られてたんだ~とか感慨深くなるね」
    「映画を見てから『#忍び活動録』を見ると、もう一度劇場に足を運びたくなる!」とのコメントが上がっており、“リピーター”の獲得にも一役買っているようだ。

    映画ファンにもジャニーズファンにも好感触な『忍びの国』。これから夏休みシーズンを迎えるが、どこまで動員を伸ばしていけるだろうか。

    詳しくは 

    【嵐・大野智主演『忍びの国』が好調スタート!高評価でリピーターも続出・・・これからの伸びにも期待!】の続きを読む

    • カテゴリ:
    o0310019913928923737


    1: 2017/07/02(日) 14:16:14.66 0.net
    大野ってやつが不安
    53

    【嵐・大野主演「忍びの国」って面白いのかな??個人的に中村義洋監督が好きだから見に行こうと思ってるんだが・・・】の続きを読む

    このページのトップヘ